黒豆で味噌作りにチャレンジしました。

2018年
テーマは【育】
そんな思いを抱いています。

それもあってか、数年前から参加したかった「うめちゃんの発酵教室」を受講するチャンスがやってきました。
自然栽培の黒豆を使った味噌。初めての味噌作りにワクワクです。

まずは材料の違う味噌の味見から。
黒豆、大豆(さといらず)、麦、そして白味噌。
味比べも初体験。それぞれの旨さが感じられます。


今回の材料の黒豆も、うめちゃんセレクトの自然栽培。有機栽培と比べると小さい。
でも、大きさは違っても旨味は同じなんですって。と、いうことは、たくさんの豆を使うぶん旨味が凝縮された味噌ができるとのこと。
期待が高まります。

すでに米麹と海塩は計量されているので、混ぜ合わせます。


この混ぜ合わせが、意外と大変。手が小さい、体温が低い、台所仕事をしていない。普段の行いが影響するようです。
それでも麹と塩が塩梅よく混ざるように、丁寧に手で掴んだり擦り合わせたりを繰り返します。
私の表皮菌と常在菌もたっぷり混ざります。
だんだんと麹の香りが立ってきて気持ちよくなってきました。


ここで黒豆が登場です。あの小さい粒が煮上がると、こんなにふっくら大きくなるんですね。
柔らかい黒豆をポリ袋の上から両手つぶします。
つぶし終えたら、麹と塩が混ざったボールに投入します。
黒豆の茹で汁を種水として加えて、ひたすら混ぜ混ぜ、混ぜ混ぜ。まるで泥遊びをしているようで楽しくなってきました。
見た目もあずきアイス。なんだかテンションが上がります。
混ぜ終えたら、お団子にしていきます。そう、泥団子をこさえてる気分です。

お団子ができたところで、保存容器に投げ入れます。
うめちゃんからは、投げつけてね。とアドバイスされるも上手にできない私。ひそかに凹みます・・

ともあれ、保存容器に全て入れ終えてラップをかけて、落し蓋・中蓋・外蓋を閉めて今日の作業は終了です。
ここで、ご褒美のランチタイム。黒豆味噌のお味噌汁、黒豆の茹で汁で炊いたご飯、黒豆とパプリカのサラダ、春菊の胡麻和え、
メインはタラの西京焼き。黒豆味噌と甘酒でこしらえた西京味噌は優しくてほんわりと甘さが広がります。


うめちゃんの心づくしの御膳を囲んで、寒造りの味噌仕込みについてのレクチャーを受けます。
カビないかしら?天地返し、うまくできるかな?ガサツな自分で大丈夫かな、と不安はつきません。
完成は10ヶ月後。10月28日に無事に口開けができるように大切に育てたいです。
うめちゃんの明るくてテンポいいアドバイス。楽しくて、食への知識も深くなる、とってもお得な教室でした。
なんだか、お味噌作りにハマりそうな予感です。ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
AMファシリテーターぺこ

AMファシリテーターぺこ

アンガーマネジメントファシリテーター リーディングファシリテーター 特定社会保険労務士 機嫌よく過ごすための情報をお伝えします。

アンガーマネジメント入門講座

下記に当てはまる方は、ぜひアンガーマネジメント入門講座を受講して下さい

  • ・アンガーマネジメントを学びたい
  • ・アンガーマネジメントのテクニックを知りたい
  • ・アンガーマネジメントのトレーニングが自分でできるようになりたい
  • ・アンガーマネジメント体験クラスを受講済の方

2017年12月29日(金)開催、詳細・お申し込みはこちら  日本アンガーマネジメント協会 講座開催情報ページへ